<新規取扱ブランドTAKEWAYについて>

2014年フォトキナで出会ったTAKEWAYのトラベルクランプは、そのユニークでコンパクトなデザイン、そして軽量で堅牢なつくりに強い印象を残す魅力的な製品でした。当時は条件が整わず輸入をあきらめていた製品でしたが、一年後の台北のカメラショーでの再会をきっかけに取り扱いが実現しました。

TAKEWAY製品一覧
http://oriental-hobbies.com/fs/camera/c/takeway_g

marco2016feb

TAKEWAY責任者マルコさんと店長小倉 2016年2月 台湾EHOMA社にて
マルコさんの趣味は山登りと撮影。山頂まで重い三脚を運ぶ苦労が、T1クランプ
ポッド誕生のきっかけとなりました。

 

世界トップクラスの工業用精密クランプメーカーEHOMA社が展開するTAKEWAYトラベルクランプ製品は、非常に高い精度と厳しい品質管理のもと、すべて台中の自社工場にて製造されています。そしてフォトキナ2016への連続出展決定は、同社のTAKEWAY製品への大いなる自信と期待を感じさせてくれます。

クランプの種類は大きく分けて、テーブル三脚としても使え、クランプレンジが最大50mmの標準タイプ<T1クランプポッド+>と、クランプレンジが最大32mmコンパクトタイプの<R1レンジャー>の2つのタイプがあります。

どちらのクランプにも、そのままカメラが装着できる、円形クイックリリースプレートが標準装備します。

<T1クランプポッド+>は汎用性が高く、幅広くご利用いただけます。また<R1レンジャー>はオプションホルダーと組み合せて、自転車やバイクへのアクションカメラやスマートフォンの装着に適しています。

別売りの<タブレットホルダー><アクションカメラホルダー><スマートフォンスポーツホルダー>などを装着すれば、カメラ以外のデバイスもガッチリと固定できる、拡張性の高さもテイクウェイの大きな特徴です。

 

factory_takeway

R1レンジャークランプの製造風景 広大な自社工場にあるTAKEWAY製品
製造ラインでは、整理整頓された清潔な環境で職人さんが黙々と生産に励みます。
2016年2月 台湾EHOMA社にて

<使用上のご注意>
クランプの挟み込む力は非常に強力です。支持体の選択と締め込み過ぎに十分ご注意ください。特に破損の恐れのあるガラスなどのワレモノ、カーボン三脚へクランプ使用はお控えください。

TAKEWAY製品をどうぞよろしくお願い申し上げます!