098-988-3005<平日> 10:00-12:00 / 14:00-16:00


午後2時 までのご注文は、に出荷します


TOP > 写真集 > 元田敬三

TOP > 写真集

TOP > 新商品一覧

元田敬三 『渚橋からグッドモーニング』 サイン本
元田敬三 『渚橋からグッドモーニング』 サイン本
元田敬三 『渚橋からグッドモーニング』 サイン本

元田敬三 『渚橋からグッドモーニング』 サイン本

NEW!!

商品番号 9784908955112

>>本品は出荷可能です。
※在庫切れの場合を除く
>>即納在庫数は下記ご参照ください。

>>全国送料一律680円、同梱発送承ります。
>>ご注文金額合計2万円以上送料無料
>>出荷より通常2日以内のお届けです。

価格4,500円(消費税込:4,950円)

[45ポイント進呈 ]

即納在庫あります:5

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

元田敬三は、1971年大阪生まれの写真家です。1995年に大阪ビジュアルアーツ専門学校へ入学し、在学中の1996 年第33 回準太陽賞を受賞しました。 1997年大阪新聞に路上で出会った人の写真とエッセイを1年間連載したことが写真の原点となり、その後も路上を舞台に心動かされる人や光景を 撮り続けています。

元田くん、俺もいま逗子だからさ、渚橋の“なぎさカフェ”でコーヒーでも飲まない? つもる話は、その時に… (森山大道・帯文から)

写真家が撮り続けた日常は、いつしか我々の人生と交わっていく。

元田敬三は路上で出会った人々に声をかけ、まるで恋するように写真を撮る写真家である。スナップとポートレート。多くはモノクロームの男気溢れる世界。そんなまっすぐな写真行為を続け写真家としての確かな評価を集めてきた。結婚し、青年期を過ぎた。人生の伴侶との確かな道のりとともに子供たちは海辺で大きく成長していた。気づけば日常にカメラを向けるようになっていた。日記のように綴られる日付入り写真の集積。しかし当たり前に過ぎていく日々には、本当に大切なことが刻まれていた……。

舞台は逗子の海辺、東京、各地のストリート。人々との邂逅、子供たちの輝き、そして母の旅立ち……。ページをめくるにつれ写真家の日記は、いつしか我々の人生と交わっていきます。365点にのぼるカラーポジによる写真と日々を綴った文で構成された、見ごたえ読みごたえのある写真集になりました。帯文は森山大道氏が執筆!

森山氏からは、本作へこんな言葉もいただいています。

「日記と日録は、しぶとく、したたかな日々の記録=写真に他ならない。」
<以上ふげん社HPより抜粋>


copyright : Keizo Motoda


copyright : Keizo Motoda


copyright : Keizo Motoda


著者サイン入り

商品名 写真集・書籍[新本 国内出版]
元田敬三『渚橋からグッドモーニング』
発売日2021年8月22日
仕様 33.3x13.1cm
ソフトカバー




店長おぐらさん(4件)

沖縄県/50代/男性 投稿日:2021年08月31日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

写真家の元田敬三さんからすばらしい写真集”渚橋からグッドモーニング”が届きました。

人生のはかなさと美しさ、身近に起こる奇跡的な瞬間。写真の根源的な表現力をあますことなく発揮させる写真家の力。

逗子に暮らす家族の日々と逗子の海風景が心に染みわたります。カメラと写真を愛好するオリエンタルホビーのお客様におすすめしたい最高の写真集です。

今回は出版元と元田さんにお願いしてサイン本を用意してもらいました。