14時までのご注文は、に出荷します。

TOP > カメラモデルで探す > FUJIFILM > FUJIFILM X100F

TOP > ブランドで選ぶ > SQUAREHOOD | スクエアフード

TOP > レンズフード

TOP > カメラモデルで探す > FUJIFILM > FUJIFILM X100s,X100

TOP > カメラモデルで探す > FUJIFILM > FUJIFILM X100T

TOP > カメラモデルで探す > FUJIFILM > FUJIFILM X100V

TOP > カメラモデルで探す > FUJIFILM > FUJIFILM X100VI

スクエアフード FUJIFILM X100シリーズ専用 角型アルミフード|Model P
スクエアフード FUJIFILM X100シリーズ専用 角型アルミフード|Model P
スクエアフード FUJIFILM X100シリーズ専用 角型アルミフード|Model P
スクエアフード FUJIFILM X100シリーズ専用 角型アルミフード|Model P

スクエアフード FUJIFILM X100シリーズ専用 角型アルミフード|Model P

商品番号 99903300104

販売価格13,750円(税込)

[125ポイント進呈 ]

カラー  
ブラック
シルバー
数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.0) 4.00



スクエアフード FUJIFILM X100シリーズ専用 角型アルミフード|Model P

ストックホルム在住写真家トーマス・マンセルがデザインしたFUJIFILM X100シリーズ専用のアルミ製レンズフード

Model Pはフードベース部に49mmフィルターが装着できます。




■装着例写真










■装着手順

1.付属ドライバーでネジ2本をゆるめてフード本体とベース部を分離します。
作業効率上、ネジは外さないように緩めてください。

2. フードベース部に49mmフィルター(別売)を装着します。
フィルターの装着は任意です。


3.レンズ先端部のフロントリングを外してフードベース部をねじ込みます。

4. フード本体をかぶせてねじ止めします。
取付ネジを締めすぎないようご注意ください。




■商品内容

左からフードキャップ、ミニドライバー、スクエアフード FUJIFILM X100シリーズ専用 角型アルミフード|Model P




■バリエーション|スクエアフード X100シリーズ専用フード

Model V|ワイドオープンで鋭角的な外観

フードベース部にフィルターが装着可能

Mark 3|先細りで丸みを帯びたミニマルな外観

フィルター装着には別途アダプターが必要




■スクエアフード 全ラインナップ


XF16mmF2.8 R WR専用

XF18mmF2専用

XF23mmF1.4R専用


XF23mm/XF35mmF2専用

XF23mmF2/XF35mmF2専用|Model V

XF27mmF2.8専用


XF35mmF1.4専用

XF50mmF2 R WR専用

XF56mmF1.2R専用


X100シリーズ専用|Mark3

X100シリーズ専用|Model V

X100シリーズ専用|Model P


RICOH GRIII、IIIX専用

RICOH GRIII、IIIX専用 GLASS

Voigtlander 27mmF2
18mmF2.8 X-Mount専用



SQUAREHOOD特集ページ
SQUREHOOD特集ページ→




商品名 SQUAREHOOD|スクエアフード
FUJIFILM X100シリーズ専用 角型アルミフード|Model P
サイズ(約) 横幅59mm 高さ55mm x厚さ21mm 約25g
適合カメラ FUJIFILM X100シリーズ全モデル
素材 アルミニュウム
付属品 フードキャップ(シリコン製)、ミニドライバー
スペアパーツ フードキャップ
特記事項 ※フード部分を持ってのカメラ移動はカメラ落下の危険性がありますのでお控えください。
※製品仕様として製造過程での塗装ムラ、微小な点キズが生じている場合があります。
管理コード ブラック:9990330010401
シルバー:9990330010402




uisgebeathaさん(1件) 購入者

東京都/50代/男性 投稿日:2024年06月24日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

軽量かつコンパクトな角形フードはX100VIのデザインによく馴染んでいて、雰囲気が出る。
純正フードのように防塵・防滴対応とはならないが、見た目はこちらのほうが大正解だと思う。

ただ、2点ほど残念な部分がある。
1点目はOVF利用時のケラレが大分気になること。
2点目は付属のシリコンキャップの取り外しがいま一つスムーズでは無いこと。